うたかたの蔭にて-ユグラシアblog-

アクセスカウンタ

zoom RSS そらの青を知る日

<<   作成日時 : 2006/12/27 18:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


昨日、気に入っていた白い傘が壊れて、
それでも容赦してくれない大雨が小さな黒い傘まで壊して、
ようやく家の前までたどりついた私は、まるで行き場を見失った猫のように、
重いコートを貼り付けてしずくと一緒に落ちてしまいそうだった。

それでも、暗い部屋で途方にくれる私を横目に
雨の音は切れることなく響きわたる。
そらからふるみずのしずくがたてる音
どうしてこんなに、一人の部屋には響きわたるのだろう。

ぬれたふくを、くつを、ひふをひきはがすように落として
重くなった身体のままで
毛布の中でまるくなる。
まるく守られた場所を作ろうとする。

そうして眠りを待っている間も雨の音は響きわたる。
激しさをまして、時に窓にたたきつけられながら、
ふと、窓の外が光にみちて、遠雷が深く長く轟く。
遠雷も雨の音も、ふゆのあたたかな毛布の中で聞くのはとても好きだ。
なにか始まる予感と、とおい安心感みたいなものを感じながら、
私は空と大地を結ぶ架け橋の稲妻を想う。

深い眠りからあけた空は、散り散りに残った雲の片鱗に
桜や真珠をちりばめたような、光の空。

そして、いつもの憂鬱な道を歩きながら気づいた。
深い青。

なにか、重いたくさんのものが
一晩で洗い流されてしまったような、すっきりと澄んだ青の色。
まっさらな、空の青を久しぶりに思い出した日。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そらの青を知る日 うたかたの蔭にて-ユグラシアblog-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる